洗顔してるのにニキビができるのはなぜ?

ニキビを予防・改善するための正しい洗顔法

洗顔してるのにニキビができるのは、間違った洗顔をしてしまっているからかも知れません。そこで毎日の洗顔を見直してみることも大切です。ここではニキビを予防・改善するための正しい洗顔法をご紹介します。

 

1、まず洗顔する前にしっかり手を洗いましょう。手には多くの雑菌が付いているからです。

 

2、水ではなくぬるま湯を使って洗顔しましょう。ぬるま湯を使うことで毛穴を開かせ、皮脂や汚れを落ちやすくすることができます。水だと毛穴が開きにくいですし、反対に熱いお湯だと必要な皮脂まで取り過ぎてしまいます。

 

3、洗顔料はしっかり泡立てましょう。皮脂の多いTゾーンから洗いましょう。泡でマッサージするようなイメージです。

 

4、すすぎは念入りおこないましょう。すすぎ残しはニキビの原因になりますので、髪の生え際やあごなどもしっかりすすぎましょう。

 

5、すすぎ終わったら、清潔なタオルでポンポンとたたくように水分を拭き取りましょう。絶対にゴシゴシこすらないようにしましょう。

 

今日からすぐにでもできる洗顔方法だと思います。ぜひ試してみられてください。