大人ニキビのニキビ痕に効果がある改善方法

大人ニキビのニキビ跡に効果がある成分

大人ニキビは思春期の頃にできるニキビよりも重症化しやすく、ニキビ跡も残りやすいと言われています。できてしまった大人ニキビを悪化させずに、またニキビ痕に効果がある改善方法をご紹介します。

 

思春期のニキビは肌の過剰な皮脂分泌やホルモンバランスの変化などが原因で引き起こされますが、大人ニキビはそのほかにもストレスや生活習慣などさまざまな原因が関係しています。それで大人ニキビができてしまった時、まず最初に見直したいのが肌の保湿です。肌は20歳の頃をピークに年々肌老化が始まります。それとともに肌の新陳代謝であるターンオーバーが徐々に遅くなります。肌が乾燥しているとターンオーバーがうまくいかずに大人ニキビなどの肌トラブルが引き起こされます。肌に十分な水分を与えてあげることで肌が本来持っている回復能力を最大限に引き出し、ニキビになりにくい肌に改善させることができます。 

 

大人ニキビのニキビ跡に効果がある成分としてはビタミンCが挙げられますが、ビタミンC配合の化粧水や美容液などを使うと保湿効果に加えニキビ跡の色素沈着を防ぎ、さらには美白効果も期待でき特におすすめと言えます。