いちご鼻 治し方

いちご鼻に効く洗顔料ランキング

鼻の毛穴に皮脂や汚れが詰まって、いちごのようにツブツブした状態になったのを「いちご鼻」といいます。このいちご鼻の治し方の前に、ナゼいちご鼻になるかを少しお話します。鼻のあるTゾーンは元々皮脂が出やすいので、最初の原因はこの皮脂ですがそれ以外に落とし切れていないファンデーション等が詰まる、毛穴パックのし過ぎやケア不足といったのがあります。ここで「いちご鼻の治し方で、毛穴パック使ったのにどうしてダメなの?」と思うかもしれません。確かに毛穴パックを使うと詰まっていた皮脂や汚れは取れますが、その後にキチンと保湿と引き締めケアをしないと、毛穴が大きく開いたままになってしまうので直ぐにまた皮脂や汚れが詰まりやすくなるからです。それから毛穴パックはやり過ぎると毛穴や肌を傷めてしまいます。そこで毎日続けられる、いちご鼻の治し方となるのが「洗顔」です。いちご鼻の治し方となる洗顔のコツ、まずはゴシゴシとこすらない事です。毛穴に詰まっている皮脂や汚れを取ろうとゴシゴシと洗っても、一度詰まっているものはそう簡単には取れませんし、摩擦で毛穴や肌に負担をかけてしまいます。ではどんな洗顔が、いちご鼻の治し方になるか?その答えは「泡洗顔」です。洗顔料をシッカリと泡立てて、この泡でいちご鼻や肌をクルクルと洗っていきましょう。この時、泡のキメが毛穴に入っていくので、ゴシゴシ洗うよりも効果的に毛穴に詰まった汚れや皮脂を取ってくれます。ただ慣れない方だとシッカリとした泡立てるのは難しいだろうし、出来るだけ早く洗顔済ませたいと考えるなら100円ショップで洗顔ネットを買うと早く簡単にモコモコ泡が作れます。ちなみに、いちご鼻の治し方で使う洗顔料は普通の洗顔料でも問題ないですが、海中や土中の泥から抽出されるクレイ成分の入った洗顔料を使うとより効果的です。このクレイ成分は粒子が毛穴よりも小さいので毛穴の中にスルッと入っていって、いちご鼻の原因になっている皮脂や汚れをシッカリからめ取ってくれるので、「いちご鼻の治し方になる洗顔料を。。。」と探しているなら、クレイ成分が入っている洗顔料がおススメといえます。

洗顔変えたらニキビができた

洗顔を変えたらニキビができたのであれば、その洗顔料の使用を中止して以前の洗顔に戻した方が良いのかも知れません。

 

お肌の汚れを落とすための洗顔は一歩間違えれば肌を傷めることにもつながりかねないので、洗顔料を選ぶ時には自分のお肌に合ったものを慎重に選ぶことが大切です。

 

なぜなら洗顔料には多くの成分が含まれていて、自然のもの由来の成分もあれば化学物質由来の成分もあるからです。お肌がとくに敏感な人は化学物質にアレルギー反応がでたり、さまざまな肌トラブルの原因となることもあります。

 

また多くの洗顔料には界面活性剤というものが使われていて、これは汚れを落とす成分なのですが、肌のバリア機能を弱めてしまうので敏感肌の方は注意が必要です。

 

お肌にあった洗顔料選びは美肌へのカギとも言えます。もし洗顔を変えて肌トラブルが発生してしまった時は無理に使い続けたりせずに、洗顔をもういちど慎重に選びなおしてみることをおすすめします。

シミに漂白効果のある美白成分

シミに効く美白成分のひとつにプラセンタエキスがあります。胎盤から抽出した成分であるプラセンタエキスは細胞分裂を促進させ新しい細胞に生まれ変わるのを助ける働きがあり、美白成分としてだけでなくシワ改善や肌の抗酸化にも大きな効果がある成分です。

 

プラセンタエキスが美白成分としてもすぐれている理由は、肌のターンオーバーを促進させる効果によりシミの原因であるメラニン色素の沈着を防ぎ、メラニン色素の生成を抑えてくれるからです。日焼け後のお肌にも効果があるので多くの美白化粧品に使用されています。

 

効果の高い美白成分にありがちな副作用も、プラセンタエキスは少ないとされていて、アレルギーがある方や敏感肌の方もお使いいただける成分です。

 

さらにうれしい効果としては、プラセンタエキスにはセラミドの生成を助ける働きがあります。お肌の保湿に重要な役割を担っているセラミドが生成されるので乾燥を防ぎ肌トラブルの少ないお肌に改善されます。しみそばかす消す